人気ブログランキング |

SCENE

タグ:北斗市 ( 40 ) タグの人気記事

時の鼓動

e0338273_20320736.jpg
190504 SONY α7Ⅱ / Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 YC

北斗市野崎で写す
  
(c) Keith Young


by junpei-misaki | 2019-05-13 20:43 | α7Ⅱ | Comments(8)

Spring light

e0338273_11243919.jpg
190504 SONY α7Ⅱ / Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 YC

北斗市野崎で写す
  
(c) Keith Young


by junpei-misaki | 2019-05-05 11:34 | α7Ⅱ | Comments(0)

あの海に

e0338273_20320000.jpg
190114 SONY α7Ⅱ / Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 YC


目を閉じると 気の遠くなるような
誰も知らない疼きが ぼくを連れて
冷たい風に吹かれている 裂けた傷口を晒すように

疼きは 繰り返しぼくに問う
あの海に帰りたいなら 一人で帰りたいのなら
心の荷物を捨てて行けと


北斗市茂辺地で写す

(c) Keith Young




by junpei-misaki | 2019-01-17 22:20 | α7Ⅱ | Comments(4)

輝きの向こう側

e0338273_19304104.jpg
190114 SONY α7Ⅱ / Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 YC


輝く海の向こうに 行きたい場所がある
会いたい人がいる

やせた土地に 根のない根を下ろし
海を眺めて揺れている 名もなき花


北斗市飯生で写す

(c) Keith Young


by junpei-misaki | 2019-01-15 20:25 | α7Ⅱ | Comments(2)

海に

e0338273_23050017.jpg
181216 SONY α7Ⅱ / Distagon T* 28mm F2.8 YC


海が鳴き
いくつもの言葉を 岸辺に運ぶ

その一つひとつを 拾い集めて
パズルゲームをしているのは 誰?

理由探しなど 無意味なことだと知りながら

やがて海は凪ぎ
輝く月を その懐に抱くだろう

そうしたら もやいを解いて舟を漕ぎ出し
抱えきれない言葉たちを そっと海に返そう


北斗市飯生で写す

(c) Keith Young


by junpei-misaki | 2019-01-02 23:10 | α7Ⅱ | Comments(2)

人生の大部分は忘れていいことなのかもしれない

e0338273_20120999.jpg
181216 SONY α7Ⅱ / Distagon T* 28mm F2.8 YC


 今年もいよいよ残り少なくなってきた。
 人並みにこの一年を振り返ってみたい、などと思うのだが、記憶力が退化したバカおとっつあんなので、特に年前半のことになるとどうも印象が薄い。まるで霧の中のブナ林を歩いているようだ。それはそれで幻想的なので被写体には困らないな、と思ったりもするが、そういう話ではない。
 そんな訳で恐るおそる我がバカブログの過去記事を1月から眺めてみることにした。過去を振り返ることも必要なのだ。そうだ。やる時はやるのだ。
 確かにそうなのだけれど、5月まで見たところで力尽きてしまった。
 振り返る作業で疲れてどうする!? と思った情けない12月26日の夜であった。


北斗市飯生で写す

(c) Keith Young


by junpei-misaki | 2018-12-26 21:38 | α7Ⅱ | Comments(4)

冬至

e0338273_23471958.jpg
181216 SONY α7Ⅱ / Distagon T* 28mm F2.8 YC


冬至と満月の
もの凄いエネルギーを浴びて
ほとんど起きていられなかった


北斗市飯生で写す

(c) Keith Young


by junpei-misaki | 2018-12-22 23:53 | α7Ⅱ | Comments(0)

第6話 男

e0338273_16551994.jpg
181216 SONY α7Ⅱ / Distagon T* 28mm F2.8 YC


 その男から電話があったのは、滝沢まゆの音信が途絶えて3週間ほど経った頃だった。

 カキヌマと名乗る若い男は、唐突にまゆの行方をぼくに尋ねた。
「滝沢まゆを個人的に知ってはいますが、どこにいるかはわかりません。どうしてこの番号を?」
「まゆの携帯に履歴が残っていたので」
 ぼくは溜息をついた。それが電話口の相手に聞こえても構わないと思った。

 カキヌマは彼女との関係を「親しい友人」だと言った。
「些細なことで構わないので何か心当たりがあれば」と食い下がる彼に、ぼくは「とにかく何も知らないから」と言って電話を切った。
 
 テレビの速報が暴風雪警報を告げていた。
 



北斗市飯生で写す

(c) Keith Young


by junpei-misaki | 2018-12-16 19:07 | α7Ⅱ | Comments(2)

夕べのこと

e0338273_20004522.jpg
181208 SONY α7Ⅱ / Distagon T* 25mm F2.8 YC


僕は四畳半ほどの小さな部屋に一人でいる。
自分の家のようで、そうではない気もする。
暗くてひどく陰気な部屋だ。
光の差し込まない窓を背にして僕は座っている。
入口の側を向いて。

入口のドアは開いていて、その先はすぐ廊下の壁だ。
僕は何も載っていない机に向かっている。

ナニカの気配を感じて視線を上げると、大男が立っていた。
僕は驚いて声を上げた。
黒い影のようだが、確かに男だ。
男は部屋の外で体を半分隠したまま動かない。
「来るな」と僕は叫ぶ。
男は動かない。
もう一度叫ぶ。
次の瞬間、男は突然僕の目の前に移動した。

言葉にならない自分の叫びで目が覚めた。


北斗市飯生で写す 

(c) Keith Young


by junpei-misaki | 2018-12-11 20:58 | α7Ⅱ | Comments(0)

if you

e0338273_17570683.jpg
181113 SONY α7Ⅱ / Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 YC


もしも君が ぼくを許してくれているなら
小さな合図を 送ってください
岸に寄せる波や 沖にかかる虹に息を吹き込んで


北斗市三ツ石で写す


写真部門に応募します


by junpei-misaki | 2018-11-13 20:35 | α7Ⅱ | Comments(2)