SCENE

2018年 11月 09日 ( 1 )

女と男

e0338273_18364572.jpg
181103 SONY α7Ⅱ / Planar T* 45mm F2 G


 女が働いている店を訪ねるのはそれが初めてだった。どうしてそんな気になったのかわからないが、とにかくぼくはその店"Faro"の前に立っていた。女は嫌がるかもしれないが、そうならさっさと帰ればいいと思っていた。
 高すぎる照度の看板にはホステスの写真が並んでいて、ぼくは目を伏せた。ぼくの知っている滝沢まゆはきっとその煌びやかな写真の中にいて、男を誘っているのだろう。それはやはり見たくなかった。
 
 深く考えることなくここまで来てしまったけれど、ぼくは逡巡していた。
 彼女は今、このドアの向こうにいて、別の名を語り、男たちの相手をしているのだろう。そんなところにノコノコと出かけていって、ぼくはどんな顔をすればよいのだろう。考えれば考えるほど分からなくなった。

 タクシーがスピードを上げて走り去った。
 不意に横断歩道を渡る人波の中で見た、すがるような目をした滝沢まゆの顔が浮かんだ。
 ぼくは店のドアを開けた。
 

函館市本町で写す

(c) Keith Young



写真部門に応募します

[PR]
by junpei-misaki | 2018-11-09 22:13 | α7Ⅱ | Comments(2)